DJの一線を退いてからの話。

自分の遺言だと思ってここに書いとこうと思います。笑

めっさ長くなってしまった。。

 

どこから話を始めよう。

 

そう、東京の某クラブでレギュラーをクビになったあたりからかな。

 

忘れもしない2010年の3月第1土曜。

 

DJ終わりに酔ったそのクラブの店長から「なんだ、あの選曲。あんなんで本当にメインタイム張れると思ってるのか。メインじゃなくてオープンやれよ。」といわれ、俺もカチンとなり口論。

 

そのクラブの別の責任者まで出てきて「お前のDJなんか聴くに耐えない」とまで言われた。

 

まぁ、今になって思えば本当実力不足だったし、当時そのクラブは週末に2000人近く入る賑わいだったので言われても仕方なかったかなと思った。

 

実際、2ちゃんでも俺の選曲がクソだという書き込みが散見された。

 

当時海外のDJがどうやってるかやたらと興味を持ち始めてしまい、それをなぞるかのようなことばかりやってて、それは単なる自己満だし家でやれって話。

 

思えばクビになって当然。

 

その日の午後にはオーガナイザーとお世話になった先輩と話をし、イベントを退く意志を伝えた。

 

本当に良いイベントだったし、オーガナイザーにも先輩にも本当にお世話になったし、参加できたこと自体は今も誇りに思ってる。

 

ただ、クラブ側からあそこまで言われて、もう2度とそのクラブには足を踏み入れたいた思わなかった。(実際、そのクラブには辞めてから未だに一度も行っていない)

 

その後、当時やってたバイト先のコールセンターで社員になりたい旨を伝え社員になるための試験を受けるも、その職場では「能力が足りない」と言われ、バイト先もクビになった。

 

まぁ、俺のお客様対応も最悪だったし、意識高いだけで何もできなかったし、これまた仕方ない。

 

で、完全に無職になった。

 

ハローワークに行ってもリーマンショックの煽りで仕事が見つからず、途方に暮れた。

 

当然、アルバイトしながら夜のクラブでDJをしてたような人間を雇う会社はなかった。

 

2010年は本当にどん底だったし、今でも時々思い出す。

 

でもあの経験があったからこそ、今があると言える。

 

途方に暮れてたタイミングで心配した友人が電話をくれ、「取り敢えず派遣登録してみたら?」というアドバイスを貰い、一旦正社員になることは諦め、まずは派遣会社に登録。

 

2007年頃からスクラッチライブなどDJ用のアプリケーションを頻繁に使っていたし、音楽編集ソフトのLogicなんかも初心者なりに使ってたし、インターネットで情報収集をするのが当たり前だったこともあり、漠然と興味を持っていたのはIT業界だった。

 

en派遣を通じていくつかの派遣先に行って登録をし、IT業界になんとか入れないものか派遣会社に相談したところ、ある通信会社のサポートセンターの仕事を紹介してもらった。

 

それから1年、その通信会社の持っている複数のサポートセンターを任せて貰えるようになるも、半年くらいで物足りなさを感じ、1年で契約終了。

 

契約終了前から派遣会社に「もっとタフでお金のいい仕事はないか」と相談していたところ、プロジェクトマネージャーというポジションはどうだとという紹介を受ける。

 

当時はPMPやらPMBOKなんて聞いたこともなかったし、なんかよく分からないけど凄そうってことで勢いで受けた。

 

PMやプログラマー派遣社員というより受託という形で一定の契約期間(大体3ヶ月から半年)で切って報酬としてお金をもらうような働き方がある。

 

最初は派遣会社からの紹介だったが、2つ目のプロジェクトの時は受託で某SI会社の協力先としてプロジェクトに入った。

 

まぁ当然お金は良かったが、世の中でプロジェクトマネージャーをやりたがらない人が多数いることが仕事を始めてよくわかった。

 

プロジェクトの品質、予算、期限ていう、いわゆるQCD(Quality,Cost,Delivery/Deadline)を守るため、とにかく調整に次ぐ調整の嵐。

 

あとはプロジェクトのオーナーであるエンドユーザーへの報告から上申の手伝いまで、やることは腐るほどあるし、時には謎に他の協力会社から責任転嫁されたり、味方から責任を押し付けられたり、なんていうかサンドバッグみたいな仕事だった。

 

自分の場合はエンドユーザーがプロジェクト推進チームをちゃんと持っており、SIerに丸投げのようなことはなかったのがラッキーだった。

 

そんなプロジェクトに入ってるといろんな協力会社と知り合う機会がある。

 

たまたま同じ打ち合わせの場で同席した外資の戦略コンサルタント会社のマネージャーと仲良くなった。

 

それが実は今、外資系に勤めていられる全てのきっかけだったし、その方が後に俺の上司になった。

 

DJの時から変わらず生きてくだけで精一杯だったけど、その状況を楽しんでる自分に興味を持ってくれた。

 

またこれ幸いかお互いブラックミュージックが好きだったこともあり意気投合。

 

すでにその人は別の外資企業にディレクター(日本でいうと部長クラスの待遇)として行くことが決まっていて、部下を連れてきていいと言う話もあったということから会って間もない俺に声をかけてくれた。

 

俺がその方の立場だったらそんなことできるか怪しいし、器のデカさに痺れた。(本当に未だに感謝しかない。)

 

で、そんなこんなで外資系企業の人事プロセスに入ろうとするも、その当時の人事担当者が絶妙なタイミングで他の外資に転職し、この話は一旦ボツに。

 

当時のプロジェクト契約が終わることもあり、一旦外資への転職のチャンスは諦め、これまた通信会社に契約社員として入ることになった。

 

通信会社での仕事を始めて1年ちょっと経った頃、例の外資系企業のコンサルタント(その時はもうディレクター)の方から突然ショートメール。

「まだ外資来る気ある?あるなら取り敢えず面接の準備をしておいたから受けて」とのこと。

 

まさかまさかの出来事にビックリするも、こんなチャンスは2度と来ないと思い、迷わずYesと返答。

 

3度の面接を経て、無事外資企業の正社員として採用された。(ちなみに英語は全くできなかったし、当時のTOEICは500点だった。。)

 

長くなったが、外資に入るまでの流れはこんな感じ。

 

DJをクビになってからたったわずか4年の出来事だったけど、本当に人に恵まれた。

 

だから、恵まれた分、俺も恩返しだったり、逆に若い人にチャンスを与えられるようにならなきゃバチが当たるだろうなと。

 

誰のために書いてるわけでもなく、自分の中で整理をしたいタイミングではあったので、取り敢えず書き散らしてみました。

 

ここまで読んでくれる人がどれだけいるのか分からないけど、何かの励みになればこれ幸い。

 

 

英語学校 その後

そういえばこんな投稿をしていたことをすっかり忘れていた。

http://djkamitake.hatenadiary.com/entry/2017/01/13/160122

 

お陰様で英語学校に入学後、英語でのコミュニケーションがだいぶ取れるようになり、TOEICについても一年半で950点まで点数を伸ばすことができた。

 

やったことは以下の通り。

 

[毎週の宿題]

・40〜50本の英文暗唱

・A4 3/4くらいの日本文の瞬間通訳

・ニュース記事を読んできて、英語でディスカッション

 

[追加課題]

NCCオリジナルのスパルタ式英文法

NCCオリジナル 音声教材のディクテーション(2分くらいのニューストピック 90本)

・口語表現500本暗唱

・英単語1400個暗記

・英文700選暗記

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ) https://www.amazon.co.jp/dp/4796110445/ref=cm_sw_r_cp_api_i_eBC7AbFC8G99Z

伊藤和夫の英文解釈教室、長文読解教室など精読

英文解釈教室〈新装版〉 https://www.amazon.co.jp/dp/4327764876/ref=cm_sw_r_cp_api_i_LBC7AbA2Z1BF5

英語長文読解教室 https://www.amazon.co.jp/dp/4327764663/ref=cm_sw_r_cp_api_i_bCC7Ab0Y2F3S4

 

仕事しながらだったので本当にしんどかったけど、何とかやり終えた結果として自然と言葉が出てくるようになった。

 

NCCに入ったばっかの頃は「あー」とか「えー」とか多くて、言葉に詰まってしまって黙りこくってしまうということもあったので、やって良かった。

 

結構Mっ気のある僕ですらしんどかったので、脱落する人がいるのも無理はない気がするけど、やれば間違いなく話せるようになるというのは最初の説明会で聞いた通りだった。

 

このまま続けるとどこまで行くのかが楽しみなので、もう少し続けてみる予定。

 

幸い5月から入った新しい会社で英語を使うことも多く、ブラッシュアップしていきます。

 

また経過を書きます。

筋トレの師匠に教わった能力の伸ばし方について。

facebookに投稿してみたものの、なんか違う気がしたのでかなり久しぶりだけどこっちに投稿し直し。

 

意識高い投稿で申し訳ないのだが、筋トレの師匠に教わった能力の伸ばし方について備忘。

 

筋トレに限らず、語学でもなんでも初心者のフェーズを超えてある程度慣れて来ると成長スピードがゆっくりになるタイミングが訪れる。

 

そうなった時の対処として「もう無理!」っていう段階を超えて、もう一段階か二段階ギアを上げて心理的段階を超える必要がある。

 

例えばベンチプレスで100kgを1回挙げられる人が70kgで10回のセットを3セットやったところで普通にできてしまうだろうし、多少の動かした感はあってもきっと伸びは感じられない。

この場合は80kgで8〜10回を5セット組むか、70kgで15回のセットを5セット組むなど結構ギリギリまでやらないと「もう無理!」は訪れない。

 

「もう無理!」が来たらそこからもう1回を目が血走るくらいの勢いでチャレンジしてみるか、誰かに補助してもらい、何とかしてもう何回かチャレンジしてみる。

 

これだけやってようやく少しだけ成長するとのこと。

 

英語なんかも同じである程度リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングが出来て来て、TOEICで900を超えるくらいになると、やはり伸びが感じられないことが多くなってくる。

こうなってくるとあとはどれだけディクテーションやって、英字の文章を読んで、どれだけネイティヴと話すかという量の問題で、それをどんだけ進んでこなせるか。

 

心理的な壁って結構低いところに設定されてしまうみたいで、これを突破できる回数がどれだけあるかが成長する人としない人との差になってくるんですよというお話。

 

何を隠そう私は意識高い系なので、時々こんなことを備忘的に書いていこうと思います。

 

f:id:kamitake8176:20180505233733j:image

東京西川AIR SIを使ってみて。

冷静と情熱のあいだならぬ、仕事と筋トレの間で疲労が蓄積され、ここ半年くらい思い悩んでいたんだが、一日の3分の1を過ごす布団をなんとかしてみようと思い、色々調べてた。

 

で、ふとん屋に行って試し寝をさせてもらったりなんだりしてて、これしかないと思ったのがこれ。

 

 

もちろんピローも。

 

 

 

使ってみた感想として、まず今まで寝起きにグッチャグチャになっていたシーツが乱れなくなったこと。

 

また同時に寝起きに寝足りない感じはなく、夢もあまり見なくなった。

 

仕事後に筋トレで追い込んでも寝れば治るという感覚がこの布団によって実現した。

 

やーでも色々調べてて、布団選びってほんとに大事だし、慎重に進めたほうがよい。

 

睡眠の質が上がるだけで実生活のエネルギー量が全然違ってくる。

 

結論として言うのなら、西川のAIRは間違いない。

 

あと、一応西川以外にも良かったのはこちら。

 

 

 

 

俺も調べてみるまで知らなかったけど、布団屋に行くと15分〜20分くらい寝させてもらえるんだよね。

 

なので、どっかの国の旅行者みたいにならない程度に是非試して選んでみることをおすすめする。

 

f:id:kamitake8176:20170114101547j:plain

 

英語学校 途中経過

今の会社に入ってから、TOEICである程度の点数をとっても英語が話せるようにならないというありがちな悩みを抱えておりまして、昨年の10月から総合英語学校に通い始めました。

 

新宿にあるNCCです。(サイトはくっそあやしいですが)

www.ncc-g.com

 

知り合いから教えて頂いたのですが、何よりもガツンと響いたフックが「スパルタ」。

 

よく英語なんちゃら法とか、1ヶ月で英語がなんちゃらみたいな商材が出回っており、恥ずかしながらいくつか試してはみたもののほぼ成果ゼロ。

 

また、過去に英会話学校に通ってみたものの、同様に成果ゼロ。

 

なぜなら、英語は筋トレと同じで自分で繰り返し繰り返しやらないと身につかないから。

  

当たり前ですが、他力本願じゃダメってことですね。

 

ローマは一日にして成らず。

 

とはいえ、仕事やらDJやら筋トレやら一日のルーティーンが決まっている中で単調な英語のトレーニングの時間を見つけ出すのは至難。

 

 

俺みたいなヘタレは尻を叩いてもらう必要があるという自覚があったことがNCCに通うことに決めた一番の理由です。

 

で、結果はどうかというと、3ヶ月で海外ドラマが聞き取れるようになってきました。

 

もちろん、100%ではありませんが、少なくとも字幕がなくてもストーリーのディテールまで足を踏み込めるようになってきました。

 

あと何がいいってみんな本気なとこ。

 

仲良しこよしな雰囲気はほぼ皆無。

 

最初の説明会の段階で付いてこれないと思われた人はお断りされてしまうんで当然ですよね。

 

てなわけで、たった3ヶ月で結果が目に見えてきたのは嬉しい限り。

 

まぁあれだけの宿題量を仕事と筋トレの合間にこなしてれば当然かとも思います。

 

また経過報告します。

 

今日はこんなところで。

 

俺的焼き肉屋のすすめ(いつまでも仮)

最近、会社の人からも焼肉マイスターとして認知されつつあるカミタケです。

 

さて、今日は都内でいままで私が訪れた店舗の中でもとりわけ美味しかったお店を備忘も兼ねて掲載しておきます。

 

会社の人とちょいと祝勝会がてら、もしくは失恋の心を癒やしがてら、はたまた世の中の闇を暴きがてら行ってみてはいかがでしょうか?

 

<表参道>

・よろにく

芸能事務所の経営するお店で、タレントの卵な美女が焼いてくれます。

ワインの銘柄も多く、個人的には一番好き。

tabelog.com

<渋谷>

・ゆうじ

煙いが、コスパは東京ナンバー1。

tabelog.com

 

白金高輪・広尾>

・金竜山 

予約は4〜6ヶ月待ち。

だが、ここのロースは待った甲斐があるくらいの旨さ。

tabelog.com

 

・きらく亭

1000〜1500円の値段でランチもやってますが、くっそ並びます。

夜の方が予約は取りやすく、かつ肉はここならでは。

tabelog.com

 

・焼き肉ジャンボ白金店

本郷よりやや高めの値段設定。

美味いは美味いんだけど、お得感を感じたいなら本郷の方が個人的にはオススメ。

tabelog.com

 

<浜松町>

・くにもと本館

新館との違いは僕レベルではさっぱり分かりませんでした。

新館よりも評価は何故か低いですが、全く遜色なしです。

tabelog.com

 

・くにもと新館

お札付きでお肉が登場します。

個人的にはちょっと量が少ないかなと思いますが、女子同伴の場合はちょうど良いかも。

tabelog.com

 

本郷三丁目

・焼肉ジャンボ本郷店

ジャンボ系列では多分一番うまい。(篠崎は遠くていってません)

tabelog.com

 

<上野>

鶯谷

先日初めて降臨。

吉原の近くということも有り、周辺は無料案内所だらけだが、そんな中にあって悠然と店を構えております。

その自信満々感は虚栄ではなく、実力に裏打ちされております。

とりあえず特上シリーズは全てクリアすべし。

tabelog.com

Pyroを使ってみて思ったこと。(DJの存在意義について)

昨日、facebookにも投稿したが、SeratoからPyroなるアプリがリリースされた。

 

 

これはどんなアプリかというと、聴いている曲を判別して勝手にミックスをしてくれるアプリ。

 

www.youtube.com

 

もちろん、まだ試運転の面もあるだろうから、所々、曲同士のつなぎの強引さを否めないところもある。

 

しかし、(メタデータも含む)曲情報、好まれるミックスパターンがデータとして蓄積されれば、曲同士の相性を自動解析し、自動判別してミックスすることもゆくゆくは可能になるだろうということが容易に想像できた。

 

当然ながらこのようなテクノロジーの登場によってDJのあり方というのは益々見なおされる機会が増えるのではと個人的には感じた。

 

今はSerato DJを始め色んなツールが有り、誰でもDJを簡単に名乗れる。

 

DJ文化が広がったという点では喜ばしいことなのかもしれないが、例えば自分がDJをしているという話をすると「あ、友達でもやっている人いますよ〜」と返されるケースが激増した。

 

この手の返答には引きつった笑顔をするしかないのだが(笑)

 

 

Scratch Liveが登場した時もいろんなところで議論されていたが、個人的な考えとしては、当然ながらDJ自体は残るだろうと思う。

 

ただし、ただ「DJをしてます」では無価値ということ。

 

そういえば、話は変わるが、この前とあるEDMのパーティに遊びに行った。

 

パーティというか箱というか、渋谷のT2ね。 

 

そこで感じたのは、今の20代のDJのスキルレベルは非常に高いということ。

(上から目線ですみません)

 

けれど、印象に残るDJがいたかと言われたら…。

 

Serato DJなどのツールを使用すれば、曲をかけることも、ミックスすることも誰でもできる。

 

かつてはレア盤と言われ、一曲が数万円といったようなものでさえ、今はiTunesAmazonなどで買うことができる。(もちろん、未だに手に入らないものもあることは言うまでもないが)

 

曲をかけミックスするだけでは差別化をすることはできない。

 

もし差別化できる点があるとすれば、そこにそのDJ自身の生き様が感じられるか。

 

繰り返しになるが、結局のところDJの存在意義は、そこにコンテクストがあるかないかなんだろうと思う。